おもてなし試験:サマーラの住民140人が2018年サッカーW杯来訪者とのコミュニケーションスキルを学ぶ

おもてなし試験:サマーラの住民140人が2018年サッカーW杯来訪者とのコミュニケーションスキルを学ぶ

© Sputnik / Sergey Pivovarov
サマーラ
短縮 URL
0 20

2018年サッカーW杯ロシア大会を前に、同大会の開催都市の1つサマーラで、住民140人がコミュニケーションに関する講習を受けた。講習を主催したのは市役所とホテル・観光団体。

スプートニク日本

「生徒たち」は、生きたコミュニケーションスキルをトレーニングした。ホテル、カフェ、レストランのスタッフが具体的な例を挙げて民族や宗教の違う人々とのコミュニケーションのとり方を示し、理想的なおもてなしの方法を学んだ。

サマーラでは、W杯ロシア大会の6試合が行われる。グループステージの試合は6月17日、21日、25日、28日に予定されている。サマーラにはW杯の開催期間中に観光客やファンなど50万人が訪れると見られている。

タグ
2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント