作業に遅れのW杯サマーラ・スタジアム 副首相が日程再調整

作業に遅れのW杯サマーラ・スタジアム 副首相が日程再調整

© Sputnik / Alexei Kudenko
サマーラ
短縮 URL
0 10

ロシアのドヴォルコヴィチ副首相は サッカーW杯ロシア大会用に再建された「サマーラ・アリーナ」スタジアムは今月25日に使用開始にこぎつけることを明らかにした。

スプートニク日本

「サマーラに関しては作業日程に遅れが出た。新たなスケジュールでは4月25日にはスタジアムは完成し、28日にはテスト試合が行われる。」

ドヴォルコヴィチ副首相は現段階ではあらゆる作業が技術上は予定通りに行われていると述べたうえで、唯一天条件に左右されるのが芝生に関連した作業で、植えつけにはプラス気温が必要であるものの、現段階では気温が常時安定していないと語った。

ドヴォルコヴィチ副首相は「このため気温が上がれば間に合う。そのほかの作業は終了しているはずだ」と語っている。

サマーラでは、W杯ロシア大会の6試合が行われる。グループステージの試合は6月17日、21日、25日、28日に予定されている。サマーラにはW杯の開催期間中に観光客やファンなど50万人の集客が予想されている。

関連ニュース

タグ
スポーツ, 2018年のロシアW杯, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント