サッカーW杯 日本が試合のサランスクでカーニバル開催へ

サッカーW杯 日本が試合のサランスクでカーニバル開催へ

© Sputnik / Julia Chestnova
サランスク
短縮 URL
0 20
でフォローする

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の試合日にサランスクでは訪れたファンのためのカーニバルが開かれる。

スプートニク日本

カーニバル実施のインスピレーションを市に与えたのは、抽選会の結果、同市にカーニバルが大きな人気を誇る国ポルトガル、コロンビア、ペルー、パナマが訪れる予定であることだ。また、6月19日には日本対コロンビアの試合が行われる。

サランスクではさらに、ロシア大会で同市を訪れる代表の国それぞれの日が組織される。ポルトガル、コロンビア、パナマ、ペルー、チュニジア、デンマーク、イラン、そして日本の日が行われる。

市長は「ゲストの民族音楽、民族舞踊、フォークロア、食の好みに大きな注意を払う必要がある」と説明する。

ロシア・モルドヴィア共和国の首都サランスクではロシア大会のグループリーグで4試合が行われる。内訳はペルー対デンマーク(6月16日)、コロンビア対日本(6月19日)、ポルトガル対イラン(6月25日)、パナマ 対チュニジア(6月28日)だ。

全試合のリストはここからご覧いただきます

タグ
サッカー, 2018年のロシアW杯, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント