21:35 2018年08月18日
月

米ロ、火星・月へのロードマップ作成

© Flickr/ NASA's Marshall Space Flight Center
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23

ロスコスモスとNASAは共同で火星および月へのフライト計画、通称ロードマップを準備する方向で動いている。土曜、NASAのチャールズ・ボルデン長官が、実務訪問先のバイコヌール宇宙基地で述べた。

米国は月の開発を再開するという。

「米国は月開発を断念したわけではない。ちょうど米国は、地球周回軌道へのフライトに対する国家資本の投入を停止しようとしている。民間企業が今すでにISSへのフライトを実現している。将来の月および火星開発計画でもなるべく多くの民間企業を呼び込む計画だ」とNASA長官。

 

 

関連:

宇宙放射線に星間飛行は阻まれるのか
宇宙は国際協力の舞台
インターネットに宇宙から捉えられた完全日食の動画が登場
ロシア非常事態大臣、宇宙観測システムのデータの提供を日本に求める
タグ
火星, 宇宙, 露米関係, NASA, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント