09:27 2017年03月28日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    チーズバーガー

    脂肪分の高い食品は精神に悪影響

    © Sputnik/ Petr Chernov
    サイエンス
    短縮 URL
    0 1598114

    科学的調査の結果、脂肪分がかなり高い食品は健康状態のみならず、摂取者の行為にも部分的に変化をもたらす可能性がかなり高いこと側地買った。この結果は「バイロジカル・フィジアトリー」誌に公表された。ポータル「ロウ・ストーリー」が報じた。

    それによると、「腸内環境が変わると組織が精神神経障害も含め、病気を招きやすくなる条件が作られ」てしまう。

    研究者らはこの理論を検証しようと乗り出した。高脂肪分を摂取するラットからとられた腸内環境を通常な食品を摂取するラットに移植したところ、移植後、ラットは落ち着きがなくなり、記憶障害に悩まされ始めた。また腸内の浸透性が異常に高まり、脳に変化が起こるなど、多くのネガティブな要因が現れた。

    オハイオ州大学教授のガリー・ヴェンク博士は「サイコロジー・トゥディ」誌のコラムのなかで、人間が摂取する食物は直接的にも間接的にもほぼすべてが脳に影響を及ぼしていると書いている。

    関連:

    愛のホルモンから酔い覚まし薬ができちゃう
    科学者らは巨人族の骸骨を隠滅した
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント