01:07 2018年12月15日
「赤い月」

間もなく「赤い月」のお目見え(動画)

© Sputnik / Alexandr Vilf
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

今日、米国、豪州、ロシア東部およびアジア諸国で、珍しい気象現象、「赤い月」の出が見られる。モスクワ時で14時57分から15時02分のあいだ、月が非常に暗くなり、鮮血色を帯びる。

皆既月食はモスクワ時で13時16分。リア・ノーヴォスチが伝えた。NASAによれば、この現象は、米国のほぼ全土、東アジア、ニュージーランド、オーストラリアで目撃できる。部分月食はロシア極東・東シベリア、南アメリカ西岸でも見られる。

NASAのミッチー・アダムス職員によれば、月食が続く長さは月が地球の陰に対してとる軌道上の位置で決まるという。たとえば16世紀に発生した、この500年で最も短い月食は、1分間だった。前の世紀で一番短かったものは1分15秒だった。

関連:

米ロ、火星・月へのロードマップ作成
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント