23:18 2020年07月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシア連邦宇宙庁(ロスコスモス)は2015年、月や火星を含む宇宙探査で主導的な地位を占めることを目標に掲げる。統一ロケット宇宙公社が、ロスコスモスのコマロフ長官の話を引用して伝えた。

伝えられたところによると、「コマロフ氏は、2015年の主な目標と課題を発表した。それは、宇宙研究の最も重要な方向性で主導的な地位を占めることや、月や火星、その他の太陽系の惑星への飛行を含む宇宙空間の探査および利用に関する国際社会のプロジェクトへの完全な参加の確保」などとなっている。

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント