01:07 2019年06月20日
顕微鏡

英国、がん治療に大きな進展

© Sputnik / Valery Melnikov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 101

がんの新しい治療法が発見された。免疫療法と呼ばれるもの。医学界によれば、化学療法の登場以来の大きな進展であり、5年後には化学療法にかわり主流となる見込みだという。免疫システムに対し、がん細胞を攻撃するよう司令を出させるというもの。英「デイリーメール」より。

元大学講師ウィッキー・ブラウン氏(61)は2006年、恐ろしい診断を受けた。皮膚がんが肺や胸に転移している、というのだ。2013年、医師はブラウン氏の余命を数ヶ月と宣告した。同氏は新しい治療法を受けることに同意した。数週間後には腫瘍は跡形もなく消えていた。のちにがんは戻ってきたが、免疫療法で再び撃退できた。現在ブラウン氏は三度、がんに苦しめられているが、医師は同じ方法を使う計画である。

ピーター・ジョンソン博士によれば、がん治療の新時代が幕を開けた。「多くのケースで効果が長期間持続し、一部の患者については病原が完全に消滅するように期待している」と博士。

がん細胞は自らを防護し、化学療法やその他医薬品を無効化してしまう。免疫療法では、このがん細胞を患者の身体自身が攻撃する。

英国の患者950人を対象に行ったある実験では、腫瘍の6割が減少し、もしくは抑制された。

ロンドンのマースデン王立病院で顧問を務めるジェイムス・ラーキン氏は次のように述べている。「薬の使用については慎重でなければならないが、ここでは一部の患者が皮膚がんを克服し、普通の生活に復帰している」。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント