19:49 2017年08月24日
東京+ 31°C
モスクワ+ 18°C
    スティーヴン・ホーキング博士

    スティーブン・ホーキング博士、安楽死の可能性を示唆

    © East News/ Photoshot/REPORTER
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 415036

    物理学の世界的権であるスティーブン・ホーキング博士は、自分は将来、安楽死を選択する可能性がある、と述べた。BBCでまもなく放送の、ダラ・オブリエン氏によるインタビューでの発言。

    「人が、その意思に反して生命を維持されるなど、冒涜以外の何物でもない。もし回りの人の負担になるなら、あるいは、もはや人類に何の貢献もできなくなったら、私は安楽死を考えるだろう」と博士。

    ただし今のところ、博士はまだ多くの発見をなし、理論を量産する計画がある。「宇宙のさらなる秘密を明らかにできずに自ら死ぬことなど出来ない」と博士。

    また博士は、周囲の人との交流は自分には簡単ではない、と漏らした。同僚も崇拝者も、自分を恐れて近づかない、会話をはじめようとしない。「時には自分を孤独に感じることもある。人びとは私と話をすることを怖がっている。私はしばしば気が怯み、疲れてしまう」と博士。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント