15:28 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    研究室

    学者:世界の人口の約95パーセントが健康ではない

    © Fotolia/ Kurhan
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 40

    世界の医師グループが、世界中の人々を対象に一種独特な調査を行った。その結果、医師たちは、地球の住民の約95パーセントが健康ではない、との結論に達した。雑誌「ランセット」に掲載された論文の中で述べられている。

    ワシントン大学(米国)のテオドール·ヴォス氏は、「筋骨格系の深刻な障害、精神障害、行動障害などの健康を害する一般的な源は、予防が可能ではあるものの、医療部門ではしかるべき関心の対象となっていない。これらの問題を解決するためには、世界中の保健システムの優先順位を変える必要がある。私たちは今、人々が長生きするのを助けるだけでなく、人々がずっと健康でいられることも助ける必要がある」と発表した。

    研究では、最近20-25年で、死亡率はそれほど上昇していないものの、病人の割合が急速に増えたことなどが明らかとなった。

    世界中のおよそ95パーセントの人々が、何らかの病を患っており、そのうちの約3分の1が、5つ、あるいはそれ以上の病気にかかっているという。

    全体として、死に至る危険性のある病や、それほど危険ではない病気が原因で、毎年およそ7億3000万人の命が失われている。

    関連:

    制裁の縛りなし、露日医療者の経験交換
    深海の不思議な生命体、撮影に初成功(動画)
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント