13:02 2019年11月22日
ロシアはMERSに対する初の国産ワクチンの登録を行っている

ロシアはMERSに対する初の国産ワクチンの登録を行っている

© Fotolia / jarun011
テック&サイエンス
短縮 URL
感染拡がるMERSコロナウィルス (15)
0 70
でフォローする

ロシアの研究者たちはMERS(コロナウイルス)に対する初の国産ワクチンを開発し、すでにそれを登録にまわしたと、ロシア連邦消費者権利擁護・福祉分野監督庁(消費者監督庁)のアンナ・ポポワ長官が伝えた。

「ロシアのワクチン開発は成功だ。ワクチンは、ひとつのバリエーションだけではなくもっと増えていく、これは明らかだ」とポポワ長官は続けた。「更なる研究は、最大限に効果のあるワクチンの開発へとつながるでしょう」

消費者監督庁のデータによれば、今のところロシアではMERSの感染は見られていない。「すべての欠かすことのできない対抗措置は行われています。衛生的な、伝染病に対抗する方策は取られており、現在の国内状況は安定しています」と、広報のリーダーは述べている。

韓国は、サウジアラビアに続き、MERSが大流行した世界で二番目の国となった。サウジアラビアでコロナウイルスが発見されたのは2012年のことだった。コロナウイルスの流布は以前、アイルランド、カタール、アラブ首長国連邦、チュニジア、イギリス、ドイツ、イタリア、フランスなど23の国で見られた。これらの国では公的な記録によれば1100人以上の感染者が確認された。MERSに感染した場合の死亡率は、40パーセントにも上っている。

トピック
感染拡がるMERSコロナウィルス (15)

関連:

韓国、MERSコロナウイルスによる死亡者が35人に
韓国でMERS感染者1人増える
韓国 MERSコロナウイルス感染者新たに見つかる
タグ
MERS, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント