04:22 2018年07月16日
マルハナバチ

気候変動でマルハナバチの数が減る

© 写真: digital cat
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22

地球温暖化で、授粉昆虫の生態系にとって極めて重要な、マルハナバチの数が減る。カナダの研究者らが発表した。それによれば、気温の上昇により、北米および欧州の多くの種類のマルハナバチの棲息範囲の南限が生存に適さなくなり、北上し始めている。場合によってはマルハナバチは300kmも移動することがあるという。

生物多様性が専門のジェレミー・カー氏率いるオタワ大学の研究チームは、北米および欧州に棲息する様々な種類のマルハナバチに関する、1975年から2010年に作成された報告書42万点に当たり、マルハナバチの生息域がどのように変化したかを調べた。結果、67種(北米31種、欧州36種)がかつての生息域の南限から北へ移動していたことがわかった。

このような移動は、たとえば蝶など、他の昆虫にも見られる。しかし蝶と違い、マルハナバチはより高い緯度に生息域を広げることが出来ない。北には別の種類のマルハナバチが住んでおり、それらは移住を必要としていない。よって、グループ同士の衝突が起き、全体として頭数の削減が引き起こされる。

こうした動きの原因として、農業、寄生虫による生息環境の変化や、ネオニコチノイド等の殺虫剤の使用などが考えられている。

今のところ、マルハナバチを守るためにどのような方策を取ればよいのか、分からない。しかし方策を見つける必要はある。マルハナバチは多くの植物の授粉を担い、人間や野生動物の食物を保障している。頭数削減で、生物多様性の低下から食料品価格の高騰まで、様々な問題が引き起こされる恐れがある。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント