10:45 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    研究室

    世界一危険な病気の一つ、マラリアに効く最初のワクチン、認可される

    © Fotolia/ kasto
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    132720

    欧州医薬品局(EMA)はマラリアに効く世界初のワクチンの利用を認可した。感染の危険が半減する。EMAのウェブサイトより。

    ワクチンはMosquirixという名まえで、生後6週間から1歳半までの子ども向け。ワクチンは、5ヶ月から17ヶ月までの子どもなら56%の確立で、6週間から12週間なら31%の確立で、最初の、または一回きりのマラリア感染を効果的に予防したという。ワクチンは完全な免疫を保証するものではないが、数万、数十万の人命が救われる期待がかかる。

    EMAの認可によって、医薬品の販売が加速する。世界保健機関(WHO)も11月にワクチン利用に関する推薦を提出する。

    世界では毎年2億から5億件のマラリアへの感染が報告されている。最も多いのがアフリカの熱帯諸国である。年間死者数は100万人を超えることも珍しくない。その大半が5歳以下の子どもである。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント