08:20 2018年02月18日
東京0°C
モスクワ-5°C
    全地球のエネルギー消費を超える出力のレーザー、日本で開発

    全地球のエネルギー消費を超える出力のレーザー、日本で開発

    © Flickr/ Michael Wifall
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    21620

    大阪大学の研究チームが世界最強のレーザー「Laser for Fast Ignition Experiment (LFEX)」を開発した。デイリーメールによれば、出力は全地球の電力消費を1000倍上回るものだ。

    パルスのエネルギーは2ペタワット。電子レンジが2秒間に消費するのと同じエネルギーである。パルスの長さは1ペタ秒、または1兆分の1秒。

    レーザー砲の出力増大のためにエネルギーをレーザー自身の長さと同じ100mのガラスパネルを通すことにした。

    阪大のカワナカ・ジュンジ教授によれば、目標は10ペタワットまで出力を高めることだという。

    参考までに、2013年、出力5万ワットのレーザーが、2kmの距離から無人機を撃墜した。

    デイリーメールによれば、同種のレーザーは既に米国にある。オースチンのテキサス大が1ペタワットのレーザーを開発した。

    しかし阪大のレーザーのパルスはテキサス大のそれの100分の1のエネルギーしか消費せず、出力も2倍を超えているという。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント