05:40 2018年07月22日
水

人類の未来:天然資源をめぐるグローバル戦争ですか?

© Flickr/ Kamil Porembiński
テック&サイエンス
短縮 URL
127

地球には今のところ水と食料は十分にあるが、将来的に天然資源が不足する可能性がある。現在、飲料水を自国で完全にまかなっている国は、ロシア、カナダ、ブラジルの3カ国だけだ。加えて水と食料の消費量は、不況の国やアフリカ諸国のような後進国でさえ急速に増加している。このような国の住民たちは、欧州の先進国のように十分な食事をとりたいと思っている。その結果、資源争いは深刻化し、多くの国はすでに現在、どのようにして将来世代が生き残るための戦略を立てようかと考えている。

ロシア政府付属金融財政大学応用社会学研究室の エヴゲーニー・ヴォイコ助教授は、世界の主要機関は天然資源をより均等に分配するために、人口が急増している国や、食料資源の乏しい国を支援しようとしているが、この問題の最終的な解決策はまだ見つかっていないと指摘し、次のように語っている。

「資源と食料不足は、十分に切実な問題だ。最大の支援プログラムを実施しているのは、国連開発計画だ。国連開発計画は、裕福な国が貧困国を支援することをサポートしている。このような活動は、旧ソ連圏のキルギスやタジキスタンでも行われている。」

北極
© 写真 : Sergey Anisimov, http://www.mamm-mdf.ru/
天然資源の不平等な分配状況が、天然資源をめぐるグローバル戦争を引き起こす恐れがある。国家間の関係では、多くの場合、まさにこの資源の分配、不足、過剰が最重要テーマとなっている。米国で、ロシアは広大であり、ロシアにはあまりにもたくさんの資源があるが、ロシア人の人口は減少しているとの声が上がっているのも偶然ではない。中国は、極東やシベリアを開発が可能なゾーンとして考えている。しかし、ロシアの大国としての立場が、他国の「食欲」を抑えている。

なお欧州だが、欧州、アフリカからの飢えた移民の流入によって間違いなく苦しむことになるだろう。恐らく資源をめぐる争いは今後高まるはずだ。なぜなら豊かな資源を持つ国は、自国の余っている資源を分け与える必要はないからだ。豊かな国は、余っている資源を貿易のために使うだろう。人類は、常に生存競争を繰り広げることになりそうだ。

 

 

関連:

調査報告:野菜はもはや体に良くない
米ソの地下核実験が巨大地震を阻止?
太陽の近くで地球と似た惑星が発見される
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント