16:22 2018年05月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 19°C
    Lasiognathus dinema

    深海底で恐ろしげなニシアンコウの眷属、新発見

    © 写真 : Theodore Pietsch, Ph.D. University of Washington
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 70

    研究者も「信じがたい恐ろしさ」と言う新種の深海魚がメキシコ湾の北部で発見された。ニシアンコウの仲間だ。深さ1.5kmで発見され、Lasiognathus dinemaとの学名を頂戴した。

    海上プラットフォームDeepwater Horizonからの原油流出事故の底生生物に対する影響を調べる目的で2011年に調査がなされた際の発見。メス3尾の調査のすえ、新種と認定された。体長は一番大きなもので12.7cm。

    Lasiognathus dinemaは釣竿型の突起をもち、その先端には「餌」のようなものがぶら下がっている。頭部上方には刺があり、多数の鋭い牙がある。

    Lasiognathus dinema
    © 写真 : Theodore Pietsch, Ph.D. University of Washington
    Lasiognathus dinema

    関連:

    ロシアの物理学者たちの発見がコンピューターを10倍速くする
    NASA、月の裏側と地球のツーショットを発表 (動画)
    カムチャッカでクジラの状態を検査するため生体組織検査実施
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント