14:45 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    「こうのとり」搭載 H2Bロケット打ち上げ成功

    「こうのとり」搭載 H2Bロケット打ち上げ成功

    © REUTERS/ Kyodo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 55280

    NHKが伝えたところによれば、国際宇宙ステーションに物資を補給する日本の宇宙輸送船、「こうのとり5号機」が19日午後8時50分、H2Bロケットで鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。H2Bロケットは打ち上げから15分後、「こうのとり」を予定の軌道で切り離し、打ち上げは成功しました。

    H2Bロケットは打ち上げの5秒前に、2基のメインエンジンに点火されたあと午後8時50分、補助ロケット4本に点火されて発射台を離れ、オレンジ色の炎を光らせながら夜空を上昇していきました。
    ロケットは補助ロケットや1段目のロケットなどを切り離しながら上昇を続け、打ち上げからおよそ15分後の午後9時6分ごろ、高度287キロ付近で「こうのとり」を切り離しました。

    「こうのとり」は、高度およそ400キロ付近で地球の周りを回っている国際宇宙ステーションに食料や実験装置などの物資を補給する日本の無人の宇宙輸送船です。アメリカやロシアの輸送船で相次いで事故が起きているなか「こうのとり」5号機にはことし6月に打ち上げに失敗したアメリカの宇宙輸送船「ドラゴン」で運ぶ予定だった物資も緊急に積み込まれています。

    「こうのとり」は、このあと5日かけて宇宙ステーションに近づき、日本時間の今月24日夜、宇宙ステーションに滞在している日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんがロボットアームを操作して機体をキャッチすることになっています。NHKより。

    タグ
    ロケット, 宇宙, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント