11:12 2017年10月23日
東京+ 21°C
モスクワ0°C
    「タイタン」に巨大な生命体が生息しているかも…

    「タイタン」に巨大な生命体が生息しているかも…

    © AP Photo/ NASA
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 12693128

    土星最大の惑星「タイタン」に巨大で長い寿命をもった生命体が存在するかもしれない。こうした理論を、他の衛星や衛星に地球上の生命体の極値的な形が存在する可能性を調べている米国とドイツの学者らが発表した。この理論が「ライフ」誌に簡単に発表されたことをワシントン大学のサイトが明らかにした。

    調査によれば、他の惑星に生命体が存在するとすれば、そうした生命体が持つ特質は極端な条件下で生き延びるために、地球上で必要とされる特質とは異なる。火星に生息する微小の生命体が地球のそれに似ている可能性があったとしても、「タイタン」に生息する生命体は著しく異なっているものと思われる。

    「タイタン」における水の役割を担っているのは液化メタンとエタンであり、炭酸ガスはその大気圏には全く存在していない。液化した炭化水素は「タイタン」に生息すると思われる生命体の体内組織の水分の役割を演じうる。しかも「タイタン」にはおびただしい数の水たまりがあり、それらはメタンとエタンによって作られており、そこには微小な生命体が生息しうる。

    「タイタン」の表面温度はマイナス180度にまで達している。このため「タイタン」の生命体の新陳代謝は非常に緩慢に行なわれ、その組織は異常なほど大きい。しかもこうした生命体の老化速度は地球上の生命体よりずっと遅い。
    だが研究者らのこうした帰結はすべて仮説であり、これを調べるには地球外の生命体を発見するしかない。

    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント