13:13 2021年10月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 46
でフォローする

アメリカ人の化学者、デーヴ・ウイットロクは、身体を洗ったりシャワーを浴びたりすることは健康に悪いと確信している。彼はもう12年間も風呂に入っておらず、垢からできた化粧品のシリーズを開発した。

CBSテレビによれば、ウイットロク氏は少しも風呂に入りたいと思わないし、シャワーも浴びたくないという。「誰も、毎日シャワーを浴びている人に対して臨床的実験はしていませんよ。それならば、どうしてみんなシャワーを浴びるということが健康に良いと考えているのでしょう?」と、ウイットロク氏は述べている。

ウイットロク氏によれば、我々の先祖がかつてそうしていたように、健康に働きかけるバクテリアを皮膚の表面にそのまま残しておくというのは、健康により有益であるという。このような自身の論理を証明するために、彼はAOBiomeという会社を設立し、健康に良いミクロオルガニズムを含有した化粧品を製造し始めた。この商品は、「マザーディート」(母の垢)という名称で発売されている。

この製品の開発者たちは、現代人は「清潔さ」と「完全に殺菌すること」を取り違えて理解している、と確信している。特にその中でも、健康にプラスに働きかけるバクテリアを洗い落としてしまうことで、人間は自身の免疫力を低下させている、と開発者たちは考えている。

とは言え、この理論の科学的な根拠は、まだはっきりしていない。もうこの商品は販売が開始されたものの、これら製品の臨床実験はまだ始まっていない。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント