02:39 2020年10月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

世界で初めて3D プリンターで印刷された人工肋骨の移植手術が行われた。患者は胸壁肉腫を患うスペイン男性。

チタン製の人工肋骨は豪州企業Anatomicsが豪州国立学術基礎研究統合体(CSIRO)と合同で作成したもの。

骨と骨があまりに離れており、それらの「複雑な幾何学」のため、54歳男性の移植手術は、通常の方法では困難が予想された。いま医学で使われている通常の人工器官では患者に必要な稼働性が達成できない恐れがあった。さらに、プラスチックのインプラントでは、次第に形状と柔軟性が失われると考えられた。

CSIROの3D プリンター専門家アレックス・キングスベリ氏によれば、3D プリンターで肋骨を作るのは従来方法より遥かに効率的だった。しかも患者の残りの肋骨をもとに作成され、強度もそれにふさわしいものとなった。

手術を担ったホセ・アランダ医師によれば、手術は成功した。3D プリンター製器官は手袋のようにぴったりはまった、と同医師。

術後は12日間経過を見守り、良好ならば退院となる、とのこと。

 

関連:

ロシアの学者ら、古代の「北極大陸」の痕跡を発見
歴史学者ら「ヒトラーは重度の薬物中毒だった」
学者ら、古代のウィルスの再生を計画
12年間お風呂に入らなかった化学者、垢から作ったコスメを発売
天理大学 東洋学者ネフスキイ研究のためロシアから研究員を招聘
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント