06:10 2019年07月16日
米国の学者ら:早すぎる死の最大の要因はファストフード

米国の学者ら:早すぎる死の最大の要因はファストフード

© Fotolia / shima-risu
テック&サイエンス
短縮 URL
2182

米健康指標評価研究所( IHME )の学者らは、早すぎる死の最大の要因は不健康な食生活にある、とした。The Independent.が伝えた。

不健康な食生活とは、具体的には、フルーツ、野菜、木の実、穀物をとらず、肉、塩、ノンアルコールの甘い飲み物を多量に取る生活だという。

不健康な食生活はアルコールや煙草よりもっと大きな悪影響を人体にもたらす。不健康な食生活によって人体の機能は不安定になり、夥しい疾病が併発する。たとえば心臓、脳卒中、糖尿病その他の慢性疾患が発現 する。

研究で国によって同じ要因が違うふうに死亡率にひびいていることも分かった。東南アジア・インドでは、劣悪な環境が死因の上位だが、平均収入の豊かな国では煙草が有力な死因となっている。ラテンアメリカ諸国と中東諸国では栄養不良、汚れた水、無造作なセックスとアルコールなど、いくつかの要因が主要なものとなっている。

健康リスクの主因をめぐるこの調査は108諸国を対象に1990年から2013年まで行なわれた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント