21:47 2018年10月18日
世界最大の津波の発電機が製造

世界最大の津波の発電機が製造

© Fotolia / Tamara Kulikova
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

オランダの研究者らが波をつくる巨大な発電機を作った。製作には2年の歳月と2000万ポンドの国費が費やされた。エンジニアの話では、発電機は海抜ゼロ地帯にあり、洪水に破壊されやすいオランダの将来を救う。

今まで人類が作った最大の波は高さ5メートル。今回の波の発電機については、開発したオランダの科学者らは9メートルの波が作れると確信している。発電機は高さ10メートルの壁と海底、そしてカメラから出来ており、ここで空圧の激しい変化が起こる仕組み。デイリーメールの報道によれば、発電機は長さ300メートルの水圧センサーを装備した水路を通し、毎秒1000リットルの水を攪拌することができる。連動機を使い、エンジニアらは大洪水から沿岸部を守っているダムや防波堤の強度を調べる構え。

オランダは洪水対策技術では世界のトップをされている。オランダでは「浮かぶ家」と命名された技術による杭の上に建てられた家が使われたり、ある地域を、他の地域を救うためにわざと浸水させたりといったことが行われている。オランダの3人に2人は常に浸水に見舞われる危険にさらされているため、こうした開発が進んでいる。オランダが浸水対策を採り始めてすでに1000年が経過する。1000年前、農民らは繰り返される洪水から畑を守ろうとダムを築き始めた。

タグ
オランダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント