11:32 2021年10月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
95955
でフォローする

NASAの学者たちは、またも新しい発見によって世界を驚かせようとしている。今回私たちは、冥王星に関する、信じられないようなニュースを耳にすることになる、と、ニュー・ホライズンズに参加している学者たちの記者発表の日に向けて、ニュー・ホライズンズ主任研究員のアラン・スターン氏はカナダ・アルバータ大学の講演で述べた。

「NASAは、この金曜日に発表されるニュースについて、話してはいけないと言っています。これは信じがたい、びっくりするニュースです。」と、ガーディアン紙はスターン氏のコメントを紹介している。彼の言葉によれば、NASAは、私たちの太陽系システムに対する概念をくつがえすような、新しいデータと写真を発表しようとしているという。

「これは生の世界です。そこには気候があり、大気の中にもやがあり、毎週新しくなるアクティブに循環する地質があります。私は本当にびっくり仰天しました。」このようにスターン氏は、冥王星について語っている。

何日か前、NASAは非常に鮮明な冥王星の写真を発表した。それは、ニュー・ホライズンの観測機によって撮影されたものだ。クレーター、山々や峡谷が写っていて、それらのうちのひとつは、アメリカのグランド・キャニオンを凌駕するものだという。

またスターン氏は、NASAが、火星にて液体状態の水を発見したというニュースによって、2015年という年は天文学の教科書に載るだろうと指摘した。

関連:

火星で雪が降る
冥王星の詳細な画像が新たに得られる
NASA、冥王星の表面のビデオを公開
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント