13:39 2018年07月20日
ハロウィンの日に地球に巨大な小惑星が急接近

ハロウィンの日に地球に巨大な小惑星が急接近!

© Fotolia / James Thew
テック&サイエンス
短縮 URL
0 58

NASAの専門家達は、今月31日、ハロウィンの日に、この9年間で地球に最も接近することになる巨大な小惑星を発見した。その速さは、秒速35キロ、時速にして12万5千キロを越える。

小惑星の名前は「2015 TB145」で、地球から49万9千キロ離れた宇宙空間を通り過ぎる。なおこの距離は、地球と月の間の距離の1,3倍にあたる。英国の新聞「ザ・ミラー」は「この小惑星の直径は、280から620メートルで、学者達は地球に危険はないと見ている」と報じた。

こうした小惑星が、この前に急接近した例は、2006年で、その時は地球と月の間の距離の1,1倍の宇宙空間を、通り過ぎている。なおNASAの予測では、次に小惑星が地球に急接近するのは2027年8月だとのことだ。

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント