04:34 2018年11月19日
日本の学者ら、エジプトのピラミッドの謎の解明に参加

日本の学者ら、エジプトのピラミッドの謎の解明に参加

© Flickr/ Yasin Hassan
テック&サイエンス
短縮 URL
0 111

その建造に関する謎が今日に至るも解明されていない古代エジプトのピラミッドが、現代の技術でスキャンされる。日本、フランス、カナダ、エジプトの専門家チームによるグローバル規模の学術プロジェクトだ。エジプト考古省のマムドゥフ・アド・ダマチ大臣が今日、発表した。

調査の開始は来年11月。世界7不思議の一角であるギザの大ピラミッドのほか、階段式ピラミッドであるサッカラのジェゼル王墓や、よりマイナーなダハシュールの屈折ピラミッド、ピンクピラミッド、マイドゥムピラミッドもスキャンの対象となる。

考古大臣は語る。「最新の科学的方法により、トンネルを掘削することなく、ピラミッドが全面的に調査され、隠し小部屋の在り処が暴かれる」。

調査ではX線照射、分子分光法、サーマルスキャン、航空写真などの手法が用いられる。また、人工衛星経由の宇宙線でも調査が行なわれる。これは日本の学者によるもので、同様の方法はかつて1度しか試みられていないという。ピラミッドのスキャンによって、4500年前に造営されたこの構造物について、包括的な情報が得られるだろう、と考古大臣。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント