21:52 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    一日でインフルエンザを治せる世界初の医薬品、2018年より日本で販売

    一日でインフルエンザを治せる世界初の医薬品、2018年より日本で販売

    © 写真: Christiaan Triebert
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    225121712

    日本の製薬会社はわずか一日でインフルエンザを治せる世界初の医薬品を2018年に発売する計画だ。

    この医薬品は既存のものと異なり、ウィルスの拡散を防ぎ、ウィルスを撲滅する。ウィルスには増殖用の酵素が必要であるが、それら酵素がウィルスに近づくことを妨げる。これにより、たった一日で完全回復が可能になる。

    既に最初の臨床試験が終わり、好成績が示されている。日経新聞が伝えた。第二段階は11月に始まる。ちょうどこの季節はインフルエンザの感染者が急増する。この医薬品は既に数百人の患者に試験投与されている。

    厚生労働省によれば、効果と安全性が最終的に確認されたのち、2018年にも店頭に並ぶ可能性があるという。

    タグ
    医療, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント