11:49 2018年11月21日
シンガポール

シンガポール国民は世界一健康、日本は第5位

© Fotolia / Filipefrazao
テック&サイエンス
短縮 URL
0 27

世界一健康な国民は、シンガポール国民である。国連、世界銀行、世界保健機関のデータをもとに行なったブルームバーグの調査で明らかになった

人口100万人以上の国のみを対象に、まず健康度を採点し、ついで健康リスク分を控除した。

健康度については、平均余命や死因、年齢別死亡率その他のデータが考慮された。健康リスクについては、青年層の喫煙率、コレステロール値や血圧が高い人の割合、ワクチンの普及度、肥満症者、HIV感染者、環境汚染度その他の健康に有害な要因が考慮された。

シンガポールは89.45%という評価を得て首位。次点は 89.07%のイタリア、3位は88.33%の豪州。

トップ10にはほかにスイス(88.29%)、日本(86.83%)、イスラエル(85.97%)以下。スペイン、オランダ、スウェーデン、ドイツが入った。

英国は21位(76.84%)、米国は33位(66.84%)。

女性
© Fotolia / Andrey Kiselev
ロシアは26.44%で、145カ国中97位。

ランキングでは戦争による死亡は考慮されなかったため、上位半分にシリア、リビアなどの国も入っている。

下位に名を連ねるのはアフリカだ。最下位から順に、スワジランド(0.26%)、レソト(0.37%)、コンゴ民主共和国(0.97%)となっている。

インディペンデント紙は世界経済フォーラムの声明を引きつつ、「健康」の解釈はそれぞれだ、としている。もし「あと何年生きられるかの予測」でなく「生活の質」を意味するなら、収入は少なくても人生への満足度が高い国が上位に入るだろう。

たとえばブルームバーグのランキングではチャドが142位にランクされているが、別の調査では、この国は最も健康な食生活の国である。

関連:

早大、小保方氏の博士号取り消しへ
一日でインフルエンザを治せる世界初の医薬品、2018年より日本で販売
WHO発表の発ガン性食品でみんなパニック、お肉だめ? コーヒーもだめ?
タグ
日本関連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント