11:47 2018年11月21日
日本、ISS向けに新しい生命維持装置を開発

日本、ISS向けに新しい生命維持装置を開発

© 写真 : NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61

JAXAはISS向けに新しい生命維持装置を開発する意向だ。共同通信の今日の報道では、最終的な決定は来年度予算が成立する12月末にも取られる見込み。

新技術で基地内の空気・水浄化装置を一新する狙い。現在実装されているものの4分の1というコンパクトサイズになるという。

ISSは外界から完全に隔絶された極めて特殊な環境である。船内で行われるいかなる作業も、まず第一に、乗員の健康および労働生産性を保障する生命維持装置を傷つけないよう注意してなされねばならない。生命維持装置の中で最重

要部分をなすのが、空気製造部、水製造部、室温管理部、衛生・排泄物浄化部である。

JAXAによれば、ISS向け生命維持装置を一新することは、火星を含む深部宇宙有人探査にも役立つ。

タグ
宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント