04:34 2018年11月19日
ロシアの学生、空飛ぶロボット掃除機を発明

ロシアの学生、空飛ぶロボット掃除機を発明

© 写真: Eirik Newth
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70

クバン国立農業大学に学ぶ才気煥発な青年、スタニスラフ・フリプコフさんが空飛ぶロボット掃除機を発明した。人間の操作なしに部屋をきれいにしてくれる。

青年は既製品の掃除機とクワッドローターを組み合わせ、独自開発のソフトウェアを搭載させた。

「市販の既製品に床を這い回るロボット掃除機はあるけれど、階段などの複雑な障害は越えられないし、棚の上段や机の天板など高いところの埃や汚れはとれない。そうした場所は結局人間が掃除することになる。その点私たちの製品は、走るだけでなく飛行する。これさえ買えば、もう掃除のことは全く考えなくてよくなる」とフリプコフさん。

サイズは30×30㎝となる予定。

フリプコフさんは今後、このプロトタイプに、犬や猫を傷つけないための警報装置を取り付ける考えだ。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント