20:17 2018年07月19日
14日から15日にかけての深夜 ロシア・ヨーロッパ部で流星群を観測できる

14日から15日にかけての深夜 ロシア・ヨーロッパ部で流星群を観測できる

© AFP 2018 / Dani Pozo
テック&サイエンス
短縮 URL
160

毎年出現する最も鮮やかで興味深い「ふたご座流星群」が、14日から15日にかけての深夜、モスクワとモスクワ郊外で観測できるチャンスがある。モスクワ・プラネタリウムの広報部が、ロシアのマスコミに伝えた。

伝えられたところによると、「ふたご座流星群」の特徴は、5メールもしくはそれ以上の大きさの流星がたくさん出現することで、暗くなった町の夜空では、1時間に最大120個の流星を観測できる可能性があるという。

学者たちによると、今年最も「ふたご座流星群」の観測に適しているのは、ロシアのヨーロッパ部。

学者たちは、田舎で観測することを勧めているが、最もよく見えるのは、4つの都市だという。

関連:

宇宙素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」の改造始まる
ラヴジョイ彗星 宇宙にアルコールを放出
宇宙のライバル競争が協力に場を譲った
宇宙から見たオーロラ
北朝鮮は何で儲ける? 核兵器への恐怖を煽ってか、それとも本物のミサイル、宇宙技術を売ってか
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント