15:03 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    望遠鏡

    天文学者ら、はじめて予測された超新星爆発を目撃

    © Sputnik/ Maksim Bogodvid
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 73461

    学者らが予測されていた超新星Refsdalの爆発の撮影に成功した。その「リターン」はいくつかの数学的モデルで予想されており、今回それが烏有望遠鏡ハッブルによる写真という形で証明された。ESAの情報をもとにN+1が伝えた。

    12月11日、昨年12月に初めて観測された超新星の誕生が再現された。当時学者らはMACS J1149.5+2223銀河団内の星を写した4枚の画像を取得した。この超新星の爆発からくる光は重力レンズ効果、つまり超重量天体近傍で光が偏向する現象により、空の4か所に出現した。

    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント