01:56 2020年10月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
3211
でフォローする

NASAは、火星は生命に好適である、と確認した。理由は、火星探査機キュリオシティが、火星の表面に、生命体に必要な窒素を発見したこと。

火星の地形を調査している同探査機はゲイル・クレーター地区にユニークな痕跡を発見した。堆積岩を必要なだけ収集したキュリオシティは、一帯が生命体の生息に好適な環境であることを突き止めた。雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」で発表された。

専門家らによれば、これら堆積岩を燃焼させれば、二酸化窒素を抽出できる。これすなわち、370万年前、このクレーターに、淡水湖が存在したことの証だ。この水に生きたバクテリアが生息していた可能性もある。

ただし、窒素は宇宙ゴミとともに火星に紛れ込んだものだ、と訴える声も多い。生命の痕跡が他にないか、探索は続く。

NASAは今日、動画を発表した。火星コロニーの建設がどのように行われるかを解説したものだ。最初のコロニーの建設は、2050年に終了する計画だ。

タグ
NASA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント