02:38 2021年04月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 54
でフォローする

月は、今から1億年ほど前、地球が誕生した後、惑星「テイア」と正面衝突した結果、出来上がった。という説が1月29日発行の科学雑誌「サイエンス」に発表された。

「アポロ12号」、「アポロ15号」、「アポロ17号」によって月から地球にもたらされた7つの土壌サンプルが地球化学的に分析された結果、判明した。研究者らはアリゾナ州、ハワイ諸島の火山からのサンプルも分析した結果、月の土壌サンプルと同じ酸素の同位体も発見されている。

研究者らはさらに、この衝突が地球上の数箇所で水が消失したことに影響したかどうかを調べる計画。

関連:

なぜ宇宙人は沈黙を守っているのか―新たな説明が見つかる
NASA、危険な惑星および月の調査のためにアメーバロボットを開発する
キュリオシティ、火星の砂丘の調査に着手
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント