08:44 2019年08月23日
SpaceX社長、2025年の有人火星飛行を宣言

SpaceX社長、2025年の有人火星飛行を宣言

Nature Video
テック&サイエンス
短縮 URL
6111

SpaceX社の創設者、イーロン・マスク氏が、2025年に人間を火星に送り込む計画を発表した。輸送には、9月にグアダラハラで発表される同社の次世代宇宙船が使われるという。

SpaceX社のロケット「ドラゴン」と「ファルコン」は既にISSに最初の貨物を届ける準備ができているが、有人ロケット打ち上げの許可はまだ下りていないという。

「正確なことは言えない。あるいは4-5年後、人間をISSに送れるかもしれない。火星への最初のフライトは2025年に成し遂げたいと考えている。今から9年後ということになる」とマスク氏。

このスピーチは香港で開催されたフェス「StartmeupHK」でなされたもの。この計画はNASAの計画とはかけ離れている。NASAは2030年以降に人間を火星に送り込む計画だという。NBCが伝えた。

 

関連:

月は地球とテイア惑星の正面衝突で出来た
ロシアの地質学者、磁極交代の不規則な頻度について語る
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント