05:38 2016年09月28日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
ロボット

専門家:ロボットの大量適用で人類は年金生活に

© Fotolia/ Jim
サイエンス
短縮 URL
61525128

技術の長足の進歩を背景に、学者ら、エコノミストらは、「機械の反乱」の可能性を考え込んでいる。大方が、ロボットが間もなく人間にとってかわる、と予測している。

専門家らの予測では、ロボットのせいで、これから20年に数百万の雇用が奪われる。とりわけ新興国が強い打撃を受ける。

ジョージ・メイソン大の経済学者、ロビン・ハンソン氏によれば、ロボットが人間の仕事を肩代わりしたところで、世界が終わるわけではない。

「ロボットが人類のほぼ全ての仕事を肩代わりしてくれるようになったら、人類は年金生活に入ればよい。人間は穏やかな生活に入る。何も目新しいことはない。奇妙なことでもない。そうした予測には多くの根拠がある。年金生活者は多くの余暇をもち、一部の人が好きなことを続ける。これが人類を待つ未来だ」。ロシア・トゥデイが伝えた。

関連:
日本でロボット店員のいる世界初の携帯ショップオープン
タグ
ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

全てのコメント

  • Kozi Moto
    トヨタはアメリカ離れを加速しないとまずいですよ。
    richardkoshimizu.at.webry.info/201003/article_9.html
    userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/002/126749080935816128302_250px-Sakichi_Toyoda.jpg
    トヨタは、世界最大の新車市場になった中国を最重要視すべきであって、難癖ばかり付けて汚い妨害を仕掛ける某隠れユダヤ人国家への依存度を今後、どんどん減らして体質を改善すべきです。だいたいが、隠れユダヤ人国家製の部品など使うから、クレームが発生して大規模リコールになる。今年中にドルは暴落して60円にもなるいというから、そうなれば北米市場なんて何の意味もなくなる。早いところ、工場を閉鎖して撤退したらいかがですか?
    信頼のおける日本の下請け業者を大事にして、こつこつとひとつひとつ品質を作り上げる「原点」に戻ってください。従業員は会社の宝なんだから大事にしてください。「いいものを作る」喜びを労使で共有することから企業は再生するのですよ。危機こそが、飛躍のチャンスです。おわかりですよね、日本が世界に誇る先駆者、豊田佐吉翁の曾孫さん。
    【中国】中国重視の姿勢を強調、トヨタ社長が北京で会見 3月2日8時30分配信 NNA
    headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100302-00000001-nna-int
    トヨタ自動車の豊田章男社長は1日夕、北京市内でリコール(回収・無償修理)問題に関する会見を行った。昨年通年の販売台数で米国を抜き初めて世界一になった中国市場。リコールの対象は欧米などと比べて限定的であるものの、中国市場重視の姿勢を改めて印象づけ、早い段階での信頼回復に努める。【中国編集部】
    中国では先月26日、国家質量監督検験権益総局(質検総局)が、一部トヨタ車に対して、アクセルペダルとブレーキ制御プログラムの不具合に関する「リスク警告」を発令されたばかり。豊田社長が米議会での公聴会に続いて、中国で記者会見を実施したことは、将来の巨大市場でのマイナス影響を最小限に抑えることを意図したものとみられる。
  • Kozi Moto
    「強力な金融緩和によるマネー膨張が世界的な株高を生んだ。しかし、その「宴」は終わりを迎えた。」
    richardkoshimizu.at.webry.info/201601/article_81.html?pc=on
    東京新聞が、まともなことを書いていますね。
    最近の株続落ですが。
    中国経済減速、米国1%による中東騒乱惹起、過剰供給による原油安といった理由をCSIS(対日侵略軍総本部)直営の日本不経済新聞あたりはご主張になっているようですが、実は、米国ユダヤと欧州ユダヤと米国1%属国日本が、結託して金融緩和による株高を演出してきたのに、もう限界に達したということなのでしょう。
    マネーを市中に流し込むことで、株取引を膨張させただけ。実体経済を全く反映していない株高だから、維持ができなくなった。今後も下がりますね。
    原油は10ドル。日経平均は12000円くらいまで?
    いいじゃないですか。馬鹿が目覚めますよ、流石にそこまで行けば。
    【東京新聞(社説)】
    二〇〇八年のリーマン・ショック後から始まった米国、日本、欧州の強力な金融緩和によるマネー膨張が世界的な株高を生んだ。しかし、その「宴(うたげ)」は終わりを迎えたのである。
    ◆株安の進行 海外要因だけなのか
    www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016011302000129.html
    株安が止まらない。年明けから六営業日連続の株価下落は戦後初だ。中国経済の減速、中東などの地政学的リスク、原油の値崩れといった海外要因が語られる。日本の経済政策には問題はないのか。
    昨年八月の世界同時株安に続いて二度目の「中国ショック」というのが株式市場の受け止めである。年明け早々、中国の株式市場が急落し、同国経済の減速が世界経済に及ぼす懸念から世界中で株価が下落した。
    加えて中東のイランとサウジアラビアの断交と、北朝鮮の核実験という地政学上の大きなリスクが表面化し、市場の不安を増幅させた。原油安で産油国の財政が悪化、オイルマネーが株式市場から引き揚げられたことやロシア、ブラジルなど資源国経済が悪化した。
    そもそも二〇〇八年のリーマン・ショック後から始まった米国、日本、欧州の強力な金融緩和によるマネー膨張が世界的な株高を生んだ。しかし、その「宴(うたげ)」は終わりを迎えたのである。(2016年1月13日)
    special thanks
    2016/01/14 03:38
  • Kozi Moto
    米国の失業者は、本当は1億人超。就労人口の40%以上が働いていない。
    richardkoshimizu.at.webry.info/201304/article_43.html
    米国の失業者は、本当は1億人超。就労人口の40%以上が働いていない。
    「働く意思がない」と勝手に見做して失業者にカウントしなければ、失業率は簡単にカイゼンします。
    だが、実際に仕事のない米国人がさらに増えて二人に一人になる.....国家が破綻して当たり前です。日本も同じような駄目国家にするためにTPPを強要しているのですね。
    失業者は仕方なく軍隊に入り、やりたくもない戦争に加担させられる。食うために人殺しをやらされる。
    日本経済を撃沈するために、アベノミクスでバブル経済を演出しバブル崩壊で大打撃を与える。緑色さん、そうですよね?
    アメリカの全就労年令人口のうち、1億人が働いていません!
    2013年04月08日
    blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51877226.html
    アメリカ政府が正式に認めている失業者数は11,742,000人であり、正式に認められていないが、実際には失業しているか、働いていないの人の数、89,967,000人とされ、これを加えると、なんと、アメリカの不就労者数の合計は、101,709,000人にも上ります。これは驚愕の数字です。もし、現在、アメリカの就労人口が徐々に増えていると言う人がいたなら、その人は全くの嘘つきです。リーマンショック時にはアメリカの就労人口の割合が激減しました。しかし、それ以降、アメリカの就労人口は回復していません。このように失業者数が増えたのは第二次世界大戦以来です。ここ49ヶ月間、アメリカの就労人口の割合は60%を下回っています。
新しいコメントを読む (0)
主要ニュース