19:06 2017年02月26日
東京+ 10°C
モスクワ-3°C
    悪者の脳は小さい?

    悪者の脳は小さい?

    © Fotolia/ Kaspars Grinvalds
    サイエンス
    短縮 URL
    74833156

    脳の大きさには意味があることがわかった。悪事を働く人の脳は小さいというのだ。米シカゴ大学の神経生理学者らが善人の脳の容積は悪人よりもはるかに大きいことを証明した。

    この論文は学会誌「生物学的精神医学」に掲載された。この実験には有志で226人の被験者が参加している。

    コンピューター断層撮影の結果、「悪い人」の脳が「善人」に比べてかなり小さいことが判明。さらに「性格の悪い人」は脳内の灰白質もかなり小さいことがわかった。

    これらの結果をもとに学者らが導き出した結論とは、脳が小さい人の「悪さ」は生まれつきのものであるため、悪人であるということに責任がないという。つまり悪人になるかならないかは躾が左右するのではなく、全ては生れもった性質に起因するというわけだ。

    こうした理論については神経生理学者らの間からは異論も出されており、被験者のデータが極めて少ないため信憑性に乏しいとの見解が示されている。

    タグ
    医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      junobejp
      ヒトラーの予言では、人類は「神人」と「機械のようなロボット人間」に分かれると。
      カルトに支配された今の安倍政権を見ていると、日本会議田久保忠衛会長は「安倍首相は天が下し給うたリーダー」と言い、稲田朋美政調会長は安倍首相の演説を「神の言葉のよう」と発言。 高齢者に対しては安倍政権は冷たいし、日本財団曽野綾子氏は「お国の役に立たない人の、死ぬことは義務です」と言い、麻生副総理は「さっさと死ねるように」、石原伸晃氏は胃ろう患者を「エイリアンのよう」と発言。 みんな「アメポチ」で一貫しているとはいえ、ネトウヨたちも、いつも同じ反応し、同じ言葉を吐く。 「各自」である必要はなく、みんな同じ指令で思考し、同じ指令で動くロボットにしか見えません。脳が関係しているのかも知れませんね。。
    • avatar
      catss4
      サイコパス脳ということが解明されています。 謝罪は一切しない、
      死ぬ間際になっても、良心の呵責はいっさいない、ということで、
      結論としては、小さな同情心だけではすむような相手ではない。
      とにかく、分離すること。

      サイコパス脳とは、血液がRHマイナス から現われる。 世界人口の
      15パーセント。

      人のことは言えませんが、 これが、悪魔の正体で、 いわゆる
      戦争ビジネスをしてきたものたち。
      そのものたちが悪いわけではないというだけで、すむような相手
      ではない。

      分離していくプロセスもあるようなので、待っています。
    • Kozi Moto
      100万人コントロールするより、100万人殺す方が容易 ズビグニュー・ブレジンスキー氏
      www.youtube.com/watch?v=Gc9rsvBIh9U
      ブレジンスキー 大衆の政治的な目覚めへの懸念
      www.youtube.com/watch?v=Us9hLRvZ5uc
      「ブレジンスキーからプーチンへ 我々のアルカイダを攻撃すれば第三次世界大戦だ」
      richardkoshimizu.at.webry.info/201510/article_49.html
    • avatar
      hdgtn803
      悪者というのは”原人“なのだ。略奪体質が染みついている奴らだ。それをアメリカは自由づらの無責任な平等でのさばらせてきたのだ。大いに声を上げてやっつけてやる必要がある。
    • ネットもぐら
      「悪者」って誰が決定するんだよw
      脳みその小さい奴が「悪者」なのか?
      むちゃくちゃな話だ。
    • 因果決定論か自由意志論か?西洋人の道徳観念における古典的な対立に決着をつけるにしてはいささかヒューマニズムにかけるな。じゃ、決定論で決まりだなw

      ニーチェとかフーコーの本とかを読んでもう一度考えてくれ(ちなみに俺は読んだことは無い)

      こういうネタを信じそうなのは、血液型性格判断(性格洗脳)を信じる日本人らしい発想と思うが?

      おたくって西洋人なの?欧州系のキリスト教徒ってのは、少しは慈悲深いと思ったが?正教会は別として

      救いようが無いならしょうがないというのは面白い話ではあるがね
      思うにこの記事は最近流行のジカ熱に託けた作り話と考えるよ

      でなかったら逆にその発想が悪そのものだ
      語りえぬものについては沈黙しなければならないbyカント(証明不能)

      自分で自分を否定するなんて、とても人間味あふれるな
      罪の意識を感じてくれるならばの話だがwww
      機械は、自分の存在に葛藤できるのだろうか?しかし、いずれにしろ心が無ければすべては幻でしかないな。そもそも心が幻なのかもしれない
      神以外には自らの存在の必然性を担保してくれるものなど誰もいないからなw

      それにつまらない。こういう記事はとても人の気分を不快にさせてくれる

      なぜなら、他者の存在を捏造してるから

      ただ、障害に関する、国家の福祉予算の負担割合は、ナチスドイツが試算した有名な動画があるよ

      死人よりも傷病兵が問題になるのと同様のように半死人は死人よりもたちが悪い。だがあえて言うと、「兵士は祖国の名誉なりbyハンニバル戦勝記念碑」だな。「信賞必罰こそ武門のよって立つところ」により契約として支払った代償には、それに見合う対価を与えねばらなず。それこそが信義の証であるわけだが。赤ん坊が生み出す生産価値は負債から始まるというところで、そういう意味ではジカ熱は大した生物兵器だな

      にしてもやはり俺の脳みそは、小さい気がする

      まぁ、少々常識外の存在だから、そう思うだけかもしれないが

      洗脳耐性がありすぎて、強度洗脳社会である日本に適合できないだけだと思うがねwwwいずれにしろ、常識というものは国家の権利の上に成り立つもの以外、すべては宗教に過ぎないわな。もちろん、宗教を否定しているわけではないが、人によっては国家を一つの宗教であると定義するものもいる。なにしろ神意の体現らしいからなw

      しかし、なぜブラジルなのか?彼らが何か罪を犯したのか?なぜかわからない

      地球と人間はどちらが大切ですか?と言う矛盾を抱えざるえない質問と同義
    新しいコメントを読む (0)