15:55 2018年08月20日
雪の弾

NASAのエンジニア 「スノーガン」を開発

© Flickr/ Dan Zen
テック&サイエンス
短縮 URL
0 44

弾丸の代わりに雪の弾が発射される「スノーガン」は、落ち葉を掃除する機械と若干のパイプ、クランプそして絶縁テープを使って作る事ができる。

NASAのエンジニア、マーク・ローバー氏は、落ち葉を掃除する機械から、雪の弾を発射する機関銃を作りだした。彼は、この「スノーガン」をインターネット上にアップした。

「スノーガン」は、落ち葉掃除のマシンに、追加のパイプやクランプ、そして絶縁テープ、T字型パイプを加えて作られている。

弾倉は、迅速に外す事が可能で、新しい弾を挿入し、連射が可能だ。

雪の弾丸の発射速度は、マシンの気流の強度により調節される。なお「スノーガン」は、5秒間に13の雪の弾丸を連続発射できる。

関連:

NASA、危険な惑星および月の調査のためにアメーバロボットを開発する
NASA、「火星は生命に好適」と認める
NASA、ロサンゼルスで大地震が起きると予測
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント