00:26 2018年10月23日
ポオポ湖

ボリビアで巨大な湖が完全に消滅

© AP Photo / Juan Karita
テック&サイエンス
短縮 URL
503

欧州宇宙機関は、衛星画像を分析した結果、ボリビアで2番目に大きいポオポ湖が完全に干上がって消えてしまったと伝えた。

ポオポ湖が徐々に消滅している様子は、2014年4月、2015年6月、2016年1月の衛星画像で確認された。ポオポ湖の面積はかつて3000平方キロメートルだった。なお水深は約3メートルとあまり深くなく、ポオポ湖は気候条件の変化で以前も消滅したことがあり、1994年には水が完全に蒸発してしまった。なおその後、ポオポ湖は再び水で満たされた。

なお専門家たちは、もし今回湖に水が戻ったとしても長い年月がかかる恐れがあると懸念している。

関連:

米国、自動車数十台が氷の下に (動画)
地質学者「チリの古代湖は1万年の間に67mも隆起」
バイカル湖に隕石落下(動画)
地球にチェリャビンスク隕石の「双子」が接近中
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント