21:40 2017年07月25日
東京+ 30°C
モスクワ+ 25°C
    科学者

    化学療法、低量であれば効果は大

    © Sputnik/ Sergey Venyavsky
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    662503

    米国の研究者らはガン治療には低量であれば化学療法は有効との結論に達した。医療ニュースサイト「メディカル・エクスプレス」が報じた。

    モフィッタ悪性腫瘍センターとフロリダ州学研調査研究所の研究員らは乳がんを病んだラットを使った実験を行なったところ、低量の化学療法を連続的に行なったラットではガンは縮小し、標準的な化学療法では治療後に制御不可能な状態となる抵抗細胞を残さないことが分かった。

    科学者らはこれにより、低量の化学療法であれば療法終了時には副作用を最小限に抑え、がん細胞をコントロールでき、これ以上の増殖を防ぐことができるという結論に達した。

     

     

    関連:

    タスマニアで新型の伝染性癌が見つかる
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント