21:47 2021年01月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
2121
でフォローする

スイスの研究グループがトリュフに放射線の影響に抵抗する力があることを発見した。国際科学誌バイオ・サイエンスが25日に発表した。

実験室の条件下ではトリュフがセシウム137に対して驚異的な放射性物質耐性を示した。普通その他のきのこはこの放射性物質をよく吸収することが知られている。

分析の結果、トリュフ内のセシウム137の含有量は1キロ当たり計2ベクレルで、これは最大安全水準の300分の1の量だ。

研究者によると、トリュフは地中で成長し土壌から栄養物を吸収する独特のメカニズムがあるため、汚染物への耐性も有する可能性があるという。

 

関連:

フォルクスワーゲンのソーセージ 自動車よりも人気
ニュージーランドの売春宿 子供のために「オープンデー」を開催へ
ニューズウィーク誌の指摘する対露制裁の思わぬ効果、モスクワは今やグルメの中心に
タグ
スイス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント