03:24 2018年09月25日
日本の地質学者ら、新島出現の謎の解明に挑む

日本の地質学者ら、新島出現の謎の解明に挑む

© Flickr/ Lisa Brewster
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42

日本の地質学者らは、2013年の11月に小笠原諸島の海底火山の噴火により新しい島が誕生し、のち変形していったメカニズムを研究している。

島は海底火山の噴火の結果として出現した。時間が経つにつれてじょじょに海面から突き出した面積が大きくなり、のち冷却溶岩が円錐形をなして海水が噴出口に浸入できなくなった。溶岩はじょじょに堆積していき、島の面積が拡大した。

溶岩流が多数折り重なることで、最終的に、「人間の脳」を思わせる新島の外観が出来上がった。

新島は2014年に隣接する西ノ島と合体し、面積1.26平方キロメートルとなったが、その後も噴火および面積拡大は止まらなかった。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント