06:32 2018年12月14日
火星

火山活動により火星の回転軸が偏向

© Flickr/ Jason Major
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

タルシスドーム火山の約37億年前の活動が火星の自転軸の傾きに影響を与えた。N + 1がNature誌をもとに伝えた。

パリ第11大学の研究チームはタルシスドームの形成以前の自転軸の傾きをコンピューターでモデリングした。結果、火山が赤道線を自分の方へ寄せることによって約20度火星の回転軸を「傾斜」させたことが分かった。

これにより、乾燥した川の渓谷が火山形成以前の赤道線や、極付近に集中していたはずの永久凍土層と並行していることが説明できる、と研究チーム。

関連:

NASA、火星探査機キュリオシティの新着セルフィ画像を公開
キュリオシティ、火星の砂丘の調査に着手
NASA、「火星は生命に好適」と認める
NASA,火星旅行へのクルー募集開始
タグ
火星, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント