17:26 2019年08月26日
冥王星

無人探査機ニューホライズン 冥王星に雪を発見

© 写真: NASA Solar System Explora
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23

無人探査機ニューホライズンは、冥王星に、その頂がメタンの雪で覆われた山の連なりがある事を発見した。この不思議な地形があるのは、一般にクトゥルフといわれている場所だ。米NASAのサイトが伝えた。

今回NASAによる調査がなされた「山脈」は、クトゥルフ南東部にあたり、その長さは420キロに達する。これは、谷と頂によって区切られたクレーターの続きで、最も高い頂は雪で覆われている。

学者達は、雪はメタンガスにより形成されたと考えている。メタンガスは、冥王星の大気の上層部分から山の頂に、氷の形で降り積もったものらしい。

関連:

今週のベストショット:プーチン大統領、ジャガー、火星
米ロ、火星・月へのロードマップ作成
タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント