11:18 2018年06月23日
サソリ

恐竜と同時代を生きた最小の生物、発見

© Flickr/ homie00001
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

中国と米国の研究者チームは、琥珀の中に封じ込められていた、ミニチュアサイズのサソリの新種を発見した。科学技術ニュースPhys.orgが伝えた。

ミャンマーで、琥珀の中に微小なサソリの化石サンプルが発見された。
新種は「エレクトロコエネニア・ヤクシャ」と命名された。この個体はメスだと見られる。体長はわずか1.4ミリメートル。
最小なだけでなく、最古の生物の一つだ。1億年前の生物と推定される。つまり、このサソリは、地球に恐竜が住んでいた、中生代時代の生き物なのだ。

関連:

日本の学者 ペットボトルを分解する細菌を発見
ロシア教育大臣、ロボットゴキブリ生産を提案
ブラジルで8新種のクモが発見、でもすでに絶滅の危機
水中を蝶のように「飛ぶ」巻貝が発見 (動画)
タグ
動物, ミャンマー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント