02:32 2017年11月21日
東京+ 4°C
モスクワ+ 2°C
    バミューダ・トライアングル

    バミューダ・トライアングルの謎、ロシアの物理学者によってほぼ解明

    © Flickr/ NOAA's National Ocean Service
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    811029314

    ロシア科学アカデミー細胞生物物理学研究所のアレクセイ・カルナウホフ主任研究員がスプートニクのラジオ放送でバミューダ・トライアングル現象の説明を行った。

    カルナウホフ氏の説は、真相解明の鍵はバレンツ海の水深45メートルで観測される直径800メートルのブルーホールではないかというもの。これらは海底のメタンガスが強く吹き出ることで形成されたのではないかと考えられている。

    カルナウホフ氏は巨大なガス気泡の噴出がサルガッソ海のバミューダ・トライアングルでも起こった可能性があると考える。こうしたメタンガスの噴出によって船が巨大な気泡の奥深くに沈み込み、一瞬にして姿を消すことも考えられるのだ。

     

    関連:

    第1回国際ドローン・レースでロシアが銅(動画)
    韓国、可搬式水力発電所を開発
    物理学者ら、コンピュータの消費電力を100万分の1に
    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント