00:05 2017年08月20日
東京+ 23°C
モスクワ+ 31°C
    研究室

    日本、「ミニ肝臓」作成に成功

    © Fotolia/ Alexander Raths
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 64870

    横浜市立大学の研究チームは、人間の肝臓と同等の機能をもつ、数ミリメートルサイズの「ミニ肝臓」を作成することに成功した。

    NHKによると、谷口英樹教授率いる研究チームは、様々な臓器の細胞を形成することができる人工多能性幹細胞(iPS)を使い、ミニチュアの肝臓を作成した。

    ミニ肝臓は、人体にとって有毒なアンモニアを無害な物質に変えるほか、アルブミンと呼ばれる血液中のタンパク質を作り出す機能も備えている。

    臨床試験は2019年に始まる見込み。重度の肝不全患者への移植が計画されている。

    関連:

    韓国、可搬式水力発電所を開発
    日本の学者 ペットボトルを分解する細菌を発見
    タグ
    医療, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント