19:27 2018年06月23日
ドローン

泳ぐドローン、開発(動画)

© Fotolia / Roggio
テック&サイエンス
短縮 URL
131

新たに「水棲」ドローンが開発された。必要に応じて空を飛ぶこともできるものだ。

伝説の神話の海の怪物クラーケンより、CRACUNSと命名された。

無人機は、必要とされない場合には、水中の固定設備または無人水中機の甲板上に位置する。実証試験では海水中に2ヶ月潜伏してなお正常に動作した。

必要になった場合には、基地から取り外され、スクリューで上昇する。水面に到達すると、CRACUNSは飛翔する。

現在のところ、一度飛翔すると海中ベースに戻ることはできないが、APLの科学者らによると、それに向けた取り組みがなされている。

タグ
無人機, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント