07:17 2017年03月28日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    地球の大量絶滅は惑星Xが原因

    地球の大量絶滅は惑星Xが原因

    © Flickr/ s tsui
    サイエンス
    短縮 URL
    2235686

    米国の天体物理学者ダニエル・ウィットマイアー氏とジョン・マッツ氏は、2700万年ごとに起こる恐れのある地球の大量絶滅の原因は、惑星Xだとの考えを表した。

    天体物理学者たちの研究は、「英国王立天文学会月報誌」に掲載された。

    学者たちの理論は、太陽の周りを回る惑星Xの公転軌道がゆっくりと傾き、2700万年ごとにカイパーベルトを横切ることに基づいている。

    これは、惑星Xがカイパーベルトの彗星を太陽系の奥へ「押し出している」というになる。彗星は(地球を含む)惑星に衝撃を与える。彗星は太陽に近づくにつれて分裂し、それが(地球を含む)天体に太陽光が届くのを妨げる。

    学者たちによると、彼らが考えるシナリオは、生物の大量絶滅を宇宙に基づいて説明する最も受け入れ可能なシナリオだという。学者たちは他のシナリオについて、現時点では古生物学的確認を得ることができないと指摘している。

    ウィットマイアー氏とマッツ氏が自分たちの仮説を発表したのは1985年。当初の仮説では、惑星Xの質量は地球の1-5倍で、太陽までの距離は地球と太陽の距離の100倍とされていた。

    タグ
    宇宙, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    新しいコメントを読む (0)