10:31 2020年07月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
6203
でフォローする

日本の理化学研究所(理研)はiPS細胞をもとに初めて皮膚や毛などを人工的に培養した。

研究チームリーダーの辻孝(つじ・たかし)氏によると、調査の結果として、iPS細胞により臓器や組織全体を培養できることが明らかになった。プロジェクトの最終目的は、大火傷を負った人に移植することができるヒトの皮膚細胞を丸ごと培養する方法を見つけることだという。

生まれつき皮膚や毛のないマウスにiPS細胞約30グループを特殊なタンパク質と混合して移植した。約一ヶ月後、細胞は根づき、マウスは皮膚脂肪を作り出すようになり、毛をはやすことが出来たという。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント