09:18 2017年10月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 8°C
    Пальцы ломают сигарету

    喫煙が職探しを困難にする

    © Fotolia/ Ivanmateev
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 62782

    喫煙者は非喫煙者と比較した場合により失業期間が長くまたより仕事量が少ない。こうした結論が米国の研究により明らかとなった。

    例えば、職を失った人はストレスから喫煙を始めるなどといったように、社会学者はこれまでに何度も喫煙と失業とに関係を見出していたが因果関係が曖昧なままであった。

    この問題を解明するために、社会学者らは131人の失業中の喫煙者と120人の同じく失業中の非喫煙者を観察した。

    1年後、仕事を見つけることができた喫煙者がわずか27%だったのに対して非喫煙者集団は56%の人が仕事を得ることができた。

    今後この社会学者らは喫煙者に喫煙習慣をやめさせ、新しい仕事を見つけることを可能にするような効果的な動機づけ方法の導入を計画している。

     

     

    関連:

    遺伝学者 超人的能力を持つ人たちを発見
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント